まっつのブログって名前、氾濫しすぎだろ!

いまだ「男の子」を抜け出せない大学生のブログ。

ドープなのに、ちゃんとポップ/MONYPETZJNKMN『磊』

f:id:HugAllMyF0128:20170928231409j:plain

 東京を拠点に活動するヒップホップクルー、YENTOWNの中心人物3人からなるユニットの1stフルアルバム。いくつかの点でアルバム全体の統一を図った跡が見られ、そのためか過去作よりも格段に聴きやすさが増している。

 まず、前作まではメンバーが3人揃っていない曲やユニット外の人物の参加曲の多さからか、ミックステープ感が強かった。今作ではほとんど全曲で3人全員がラップし、適宜フィーチャリングを交える形となっている。また、リリックをより聴き取りやすくしたことも統一感の演出に一役買っている。トラックはトラップに代表されるトレンド最前線のジャンルから狩猟民族の祭りのようなトライバルなものまで幅広く、やろうと思えばいくらでも声を埋もれさせることができる。しかしBPMが全体的にゆっくりなのとヴォーカルの音量を大きめに取っているのとで、どの曲もリリックがはっきりと聴き取れる。これはヒップホップ畑以外のミュージシャンも多く手掛けるプロデューサー、Chaki Zuluの手腕か。

 ハッパを吸う有様を描写するリリックやトラックから香る酩酊感は非常にドープながら、街鳴りしても機能しうるポップな一枚。このバランス感覚、意外と稀有じゃない?