まっつのブログって名前、氾濫しすぎだろ!

いまだ「男の子」を抜け出せない大学生のブログ。

それでも生きてゆくということ/RHYMESTER『ダンサブル』

f:id:HugAllMyF0128:20170929225928j:plain

 ダンスミュージックとは?と聞かれたら、自分なら「反復」と答える。ある展開が繰り返し別の展開に進む、あるいは終わる。今作はダンスミュージックやヒップホップが持つ「反復」というテーマを最大限に活かして、日常の中にあるささやかな希望や失敗を描写する、基本的には楽しいアルバムだ。しかしふっと、そのテーマの恐ろしさが顔を出す。

 「反復」は「次に進まない」と同義だ。アルバムラストのM10でのカウントダウンにそれが顕著に現れている。何度も秒読みを繰り返しながら、しかしカウントがゼロになることはない。望んだ瞬間が訪れるのかどうかはわからないまま、このアルバムは終わる。かつて描いた夢物語などかすりもしないまま、人生は終わっていくかもしれない。寝ても覚めても見た景色を目の前に映すことなど、どだい無理な話なのかもしれない。

 それでも。それでも、夢見た未来に向かって繰り返し手を伸ばす。誰のものでもないあなたが踏みしめたその軌跡は、何よりも尊いものなのだ。文字に起こしてしまえばとんでもなく陳腐なメッセージだが、間もなく結成30周年、泥水も浴びるほど飲んできたであろうRHYMESTERが言うからこそ、このメッセージには価値がある。 必聴。