まっつのブログって名前、氾濫しすぎだろ!

いまだ「男の子」を抜け出せない大学生のブログ。

Analogfish Tour "Still Life" at Shibuya WWW X 2018/09/24

f:id:HugAllMyF0128:20180924234717j:image

 

 アナログフィッシュというバンドは、ハレとケで言えば間違いなく後者をモチーフとして選んできたバンドだと思う。あくまで日常のワンシーンを丹念に切り取っていく歌詞だし、アンサンブルもその丹念さをなぞるように淡々としている。この日のライヴもまた日常に根ざしていたように思う。そしてセットリストはと言えば「生きるってどういうことなんだ?」という、即答できそうでできない問いの答えを怒涛のように繰り出す、ある種総決算的な雰囲気があった。

 メンバー3人の他にサポートギターのRyo Hamamoto氏を加えただけのミニマルな編成。装飾も映像もない簡素なステージ。ツアーファイナルという雰囲気を感じさせないぬるっとした入場。これらの様子からして、彼らにとってライヴは日常なのだと強く感じさせる。

 ラッパーの呂布カルマが担当した部分も含めて下岡晃(Vo,Gt)がやり切った最新曲"Pinfu"と、〈君フェチのオイラ〉というおよそ歌詞っぽくない言い回しを熱量高く歌い上げる佐々木健太郎(Vo,Ba)の姿が印象的だった最初期の楽曲"世界は幻"の2曲が白眉。この2曲のアプローチから「真逆だと思っていたものでも実は同一線上にある」という印象を強く受けた。このテーマこそアナログフィッシュが歌詞において常に掲げてきたものだし冒頭の問いに対する答えだし、それこそが「今、ここに生きる」ということなんだと思った。そしてその「同一線上にある真逆のもの」は、弱いかもしれないけど繋がることもできるのだ、というメッセージも感じた。"Copy & Paste"や"荒野"でのコール&レスポンスの騒がしくはない、でも確かな応酬にどうしようもなくグッときたのは、どんな人同士でも重なることができる、という希望が見えたからじゃないだろうか。

 今回のアナログフィッシュのライヴには、日常の中にあるふとした喜びがどデカイ塊となって腹に降りてくる、そんな瞬間が何度もあった。お世辞にもいい事ばかりじゃない人生だけど、失くすのにはあまりに惜しい日々だってちゃんとある。そういうことを思い起こさせてくれる、本当に良いライヴだった。

 

 

SET LIST

1:No Rain(No Rainbow)
2:曖昧なハートビート
3:Dig Me?
4:ロックンロール
5:Will


6:Watch Out (サーモスタットはいかれてる)
7:Pinfu
8:平行
9:Time
10:Ring
11:Tonight
12:静物 / Still Life
13:Sophisticated Love
14:With You (Get It On)
15:Uiyo
16:世界は幻

17:There She Goes (La La La)
18:アンセム
19:戦争がおきた
20:Fine
21:Copy & Paste
22:荒野

 

En1:Ready Steady Go
En2:はなさない

 

WEn:泥の舟