Billie Eilish『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』

f:id:HugAllMyF0128:20190425113246j:plain

 

「なにくそ!」と己を奮い立たせるあなたへ

 


 アメリカはロサンゼルス出身のシンガーソングライターによる、1stフルアルバム。

 


 今年4月13日に生配信されたCoachellaでのライヴを見たのですが、凄かったです。メロコアシーンでいうところの全ガロングか!と言わんばかりに歌い通すティーンの多さたるや。音源の雰囲気からは想像もつかない盛り上がりで、正直なところ「この曲で、こ、こんなに……?」と軽くカルチャーショックを受けました。
 というのもこのアルバム、まったくもって明るくないのです。アートワークからして『エクソシスト』だし、サウンドデザインも鼻腔を震わせるサブベース(カーステでM2を聴いたとき実際に震えた)が主役。歌声だってウィスパー。表面だけを見れば熱狂できる要素が少なく感じられます。しかし歌詞には不敵さや自身に打ち勝たんとする強さ、はたまた「ひとりぼっちだからこそなんだってできる」という無敵感までも漏れ出ていることがわかり、あの熱狂の正体を掴めた気がしました。
 その若さや、アートワークやサウンドの陰鬱さと実際のキャラクターとのギャップなどから、なんとなく欅坂46を想起してしまったのですがどうなんでしょうね。